Top >  高齢出産と不妊 >  高齢出産と不妊の関係

高齢出産と不妊の関係

高齢出産と不妊は深い結びつきがあり、原因は卵子の劣化や老朽化だといわれています。

高齢出産と不妊の不妊の原因は、女性の糖尿病、副腎・肝臓・腎臓・脳下垂体の異常、卵巣・黄体の異常、更年期障害、無月経などとなっています。

男性の場合は、糖尿病、甲状腺の異常、Y染色体上の異常、前立腺の異常、喫煙による影響などが高齢出産と不妊も原因と考えられます。

インターネットで年齢別に不妊の確立を調べたものを見ると、30〜34歳で6人に1人、35歳以上で4人に1人、40歳以上の場合は3人に1人が不妊になる確率があるそうです。

高齢出産と不妊は歳をとるとともに自然妊娠が難しくなり、不妊治療が欠かせなくなってきます。

結婚して何年もすると、夫婦生活も回数が減ってきますし、男性の生殖器の衰えもありますから、高齢出産と不妊につながります。

高齢出産と不妊で、男性側に問題があるケースが約40%、女性の場合も約40%、両方に問題のあるケースが15%、不明なのが5%とされています。

高齢出産と不妊は子供が欲しくても妊娠しない場合や、高齢出産で流産しやすいなどのリスクを抱えています。高齢出産と不妊は深い結びつきがあります。

高齢出産と不妊は女性の大きな問題ですが、必ずしもマイナス要因ばかりではないことを覚えておいてください。

 <  前の記事 脳動脈瘤 【のうどうみゃくりゅう】  |  トップページ  |  次の記事 高齢出産と妊娠の関係とリスク  >