Top >  高齢出産と不妊 >  高齢出産の病院選び

高齢出産の病院選び

高齢出産病院としてはやはり大学病院をお勧めしたいところですが、なにせ患者が多いので、3時間待って3分診療ということも少なくありません。

出産後の赤ちゃんの様子が普通でないと、ある程度は産科で見れますが、やはり専門の小児科があった方が安心で、高齢出産病院にはそういうところを選びたいですね。

高齢出産病院としての大学病院は善し悪しですが、やはりハイリスクを背負う高齢出産ですから、安心した病院にお世話になりたいというのが本音です。

高齢出産病院には、ベッドが空いているのなら入れてほしいし、医師が何人もいるのならもっと時間を取って欲しいでしょう。

救急で運ばれてくるとそれで手一杯になってしまって、高齢出産病院なのですが、待合室の患者が待たされることもしばしばです。

高齢出産病院として行ったところで、分娩室にも何人も実習生が入ってきて、「私は見世物じゃない!」と感じた人も多いです。

個人産院なら主治医一人しかいないのが普通ですが、大学病院では20人くらいいることがあります。

高齢出産病院として大学病院を選ぶ人は、やはりここに注目しています。

 <  前の記事 高齢出産と妊娠の関係とリスク  |  トップページ  |  次の記事 女性ホルモンとは  >