Top >  女性ホルモン >  女性ホルモンのメリット・デメリット

女性ホルモンのメリット・デメリット

女性ホルモン服用をする際に、気になるのがそのメリットとデメリットではないでしょうか。

女性ホルモン服用のデメリットとしては、体重増加や子宮体癌の発生率の増加があげられます。

女性ホルモン服用のメリットとしては、女性らしい体つきになる、PMSの改善、更年期障害に役立つなどというのが主なものでしょう

女性ホルモン服用により、胸が大きくなったり、肌の調子が良くなったという事を良く耳にします。

また、女性ホルモン服用の効果として、生理痛が改善されたり、生理前の不快な症状が軽減されるという報告もされています。

元々血液が固まり安い体質であったり、心臓に疾患がある場合には、女性ホルモン服用が医師から許可されないと言われています。

また、乳がんと女性ホルモン服用との関係については、まだ解明されていませんが、その危険性が指摘されています。

これは、女性の社会参加の増加や、計画妊娠を希望する人が多くなった為とも言われています。

女性ホルモン服用により、生理痛が緩和され、生理の不快な症状に悩まされる事が少なくなるため、女性には嬉しい話だといえるでしょう。

一般的に女性ホルモン服用に際しては、医師の説明が行われるようですが、自分でも知識を持っておくと役立つかもしれません。

しかし、女性ホルモン服用により子宮体癌の発生率が増えるというのは、不安に感じる人も多いかもしれません。

 <  前の記事 女性ホルモンをサプリメントで  |  トップページ  |  次の記事 女性ホルモンのバランス  >