Top >  女性ホルモン >  女性ホルモン薬の効果とリスク

女性ホルモン薬の効果とリスク

女性ホルモン薬を使用する際には、メリットだけでなく、そのサイドエフェクトにも十分注意が必要です。

女性ホルモン薬には大きく分けて、女性向け、男性向けの二つがあるようです。

他には、性転換を行った男性が女性ホルモン薬を服用するケースなどもみられるようです。

女性ホルモン薬で酷い副作用に悩まされた人の体験談なども、ブログやホームページで紹介されています。

また、男性に対する女性ホルモン薬の使用では、男性ホルモンの減少や性欲の減退などがあげられるでしょう。

これは、女性が進んで避妊行為を行うようになったことや、女性ホルモン薬が生理痛、更年期障害に有効だという研究結果が報告されるようになった為でしょう。

女性ホルモンは胸を大きくしてくれる、美肌効果が得られるという利点の代償として、発ガン性のリスクが高くなるといわれています。

インターネット上では女性ホルモン薬を個人輸入する事ができるようになっていますが、医師と相談の上で使用するべきでしょう。

この女性ホルモン薬の摂取により、生理痛が緩和されたり、更年期障害の治療に役立ったりするという効果があるようです。

医師に相談する前に、女性ホルモン薬とはどのような物があるのか、体にどのような影響をもたらすのか、様々な情報や知識を得ておいたらいかがでしょうか。

特に、インターネットでは女性ホルモン薬によってどのような体の変化を生じたのか実体験をもとに書かれている物も多く見られます。

 <  前の記事 女性ホルモンと食品の関係  |  トップページ  |  次の記事 活性酸素って何だ?  >