Top >  フラワーレメディ >  フラワーレメディ 服用時のポイント

フラワーレメディ 服用時のポイント

フラワーレメディは、自然の草木や花のエッセンスを吸収し人間が本来持っている免疫力を高める自然療法です。

フラワーレメディは100%天然素材を使っているので、口に入れて飲むことができます。

ここでは、実際にフラワーレメディを服用するときのポイントを紹介したいと思います。

まず、レメディの服用に欠かせないのが「スポイト」です。

スポイトを使ってレメディを舌の上に垂らし、しばらく口に含んだ状態でおいた後にゆっくりと飲み干します。

服用する量は、ストックボトルとトリートメントボトルとで異なります。

また、レスキューレメディと、その他のレメディとでも異なりますので注意してくださいね。

ストックボトルの場合、レスキューレメディは4滴、その他38種のレメディは2滴が適量です。

トリートメントボトルの場合、レスキューレメディ、38種のレメディ共に4滴が適量になりますよ。

服用のタイミングは朝起きた時と、就寝前がおすすめです。気持ちが滅入っているときにも服用するとリラックスできます。

ただ注意が必要なのは、服用する量を間違えないということです。

自然のものとはいっても、あまり一度にたくさん摂るのは好ましくありません。

レメディによる効果を高めたい場合には、量を増やすのではなく回数を増やすようにしましょう。

 <  前の記事 フラワーレメディって何だろう  |  トップページ  |  次の記事 抗がん剤とは  >